歯列矯正ナビTOP » キレイラインの対応症例を解説|できる症例・できない症例をそれぞれ紹介

キレイラインの対応症例を解説|できる症例・できない症例をそれぞれ紹介

はじめに

「キレイラインはどんな症例に対応しているのか」
「他の矯正とどう違うのか」

キレイラインに興味があるけど、自分にあっているのか気になる方も多いかと思います。この記事では、キレイラインで矯正できる症例とできない症例をあわせて紹介しています。

キレイラインの矯正にかかる費用や他の矯正との違いも解説しているので、キレイラインが気になる方はぜひご覧ください。

キレイラインで矯正できる症例

  • デコボコな歯並び・八重歯(叢生)
  • 出っ歯(上顎前突)
  • 受け口
  • すきっ歯(空隙歯列弓)
  • 前歯が閉じない(開咬)
  • 中心がずれている
  • 噛み合わせが深い(過蓋咬合)

デコボコな歯並び・八重歯(叢生)

叢生(そうせい)は、歯の大きさと顎の大きさのバランスが合わない場合などに起こります。症状の多くは、生えそろうスペースが足りないため、生えてきた永久歯が重なり合ってしまう状態です。

歯がガタガタに並んでしまうことから乱杭歯とも呼ばれます。後から生えてきた犬歯が前に出てしまう八重歯も叢生の一種です。

出っ歯(上顎前突)

出っ歯は、上の前歯や上あごが前方に出ている症状です。永久歯に生え変わった際、歯の大きさに対し上あごの幅が足りない場合、前歯が押し出されることで出っ歯となります。

また幼少期などに多い、舌で歯を押す癖により前歯が前傾してしまうことも原因の一つです。

受け口

受け口は、下あごが前に出ている症状です。反対咬合(はんたいこうごう)、下顎前突症(かがくぜんとつしょう)とも呼ばれます。

顔を横から見たときに、あごがしゃくれたように見えることが外見上の特徴です。

すきっ歯(空隙歯列弓)

すきっ歯は、隣同士の歯と歯の間が空いている症状です。すきっ歯は、しゃべる時に歯と歯の間から空気が漏れるため発音に影響する場合があります。

また、見た目が気になるという理由から矯正する場合も多い症例です。

開咬

開咬(かいこう)は、奥歯をしっかり噛んでも前歯がぴったり閉じない症状です。常に口が閉じることが無いため、口呼吸の原因となることがあります。

口呼吸は口内を乾燥させ、歯周病を招く原因の一つです。また、滑舌に影響することがあります。

中心がずれている

上下の歯の中心がずれている症状は、キレイラインで矯正できます。ただし、ずれが強い場合や骨格的な問題があるなど、状態によっては難しいかもしれません。

中心のずれにはさまざまな原因があり、他の矯正治療においても修正困難な場合があります。

噛み合わせが深い(過蓋咬合)

歯を噛んだ時、噛み合わせが深く下の歯が隠れてしまう症状を、過蓋咬合(かがいこうごう)またはディープバイトと呼びます。正常な状態では、下の歯が4分の1ほど隠れる程度です。

過蓋咬合は、一見問題無いように見えますが顎関節症や歯茎の炎症、歯の割れなどさまざまな弊害を引き起こすことがあります。顎関節症とは、あご関節への負担によりあごの痛みや音鳴り、口が開かないなどの症状が出る障害です。

また、口を開いたときに歯茎が見えすぎる場合があり、見た目が気になることで矯正するケースもあります。

 

キレイラインで矯正できない人の症例

ビセットラインは、比較的軽い症例が対象となります。対応している症例は以下の通りです。

  • 前歯が閉じない
  • 出っ歯
  • 中心がずれている
  • 受け口
  • ガタガタした歯並び
  • 八重歯
  • すきっ歯

症例によっては対応できない場合もあるので、まずは歯科医師に相談しましょう。

噛み合わせが極度に悪い

噛み合わせが極度に悪い場合は、キレイラインで矯正できない場合があります。噛み合わせの矯正では、奥歯の矯正が必要なケースが多いためです。キレイラインは、上下の前歯12本が対象であるため対象外となります。

噛み合わせの矯正では、全体矯正が必要な場合が多いです。噛み合わせが悪い症例には、受け口や中心がずれているなどがあります。

抜歯を伴う場合

抜歯を伴う矯正は、キレイラインで矯正できない症例です。抜歯によりできた隙間を埋めるためには長期間の矯正が必要となります。

キレイラインは短期的な矯正を基本としているため、抜歯を伴う矯正はしません。歯と歯の重なっている部分が6〜7mmを超えると抜歯が必要となるケースが多くなります。

骨格に問題がある場合

骨格に問題がある場合は、キレイラインで矯正できません。骨格に問題がある場合は、矯正だけでの治療は難しく外科治療が必要となります。

骨格の問題は出っ歯や受け口、開咬、噛み合わせが深いなど、さまざまな症例の原因です。そのため、気になる場合はクリニックで相談するとよいでしょう。

歯並びの悪さが重度である

歯並びの悪さが重度である場合は、キレイラインで矯正できません。目安は、歯の重なり部分や歯と歯の開きが7mmを超える場合となります。

また、キレイラインは上下の前歯12本までを対象とした部分矯正です。そのため奥歯や、歯列全体の矯正はできません。

キレイラインについて

キレイラインについて以下を解説します。

  • キレイラインのメリット
  • キレイラインのデメリット
  • 矯正にかかる費用

キレイライン矯正は、上下の前歯12本までを対象としたマウスピースによる部分矯正です。1本から治療もできます。

キレイラインのメリット

キレイラインのメリットは以下の通りです。

  • 目立たない
  • 費用が抑えられる
  • 口内が傷つきにくい
  • 希望のタイミングで終了可能

キレイラインは、マウスピースが透明なため目立ちません。マウスピースはやわらかい素材でできているため、口内を傷つけることもなく安心です。

部分矯正に特化し、デジタル技術を活用したマウスピース製作により、キレイラインはワイヤー矯正に比べ費用を抑えられます。

矯正の継続は、診察時に矯正の進行具合を確認したうえで医師との相談により判断します。そのため、希望のタイミングで矯正を終了することが可能です。

キレイラインのデメリット

キレイラインのデメリットを以下の通り解説します。

  • 着脱が面倒と感じる場合がある
  • 長時間の着用が必要
  • 奥歯の矯正には向かない

矯正に使用するマウスピースは、1日20時間以上の着用が必要です。キレイラインは上下の前歯12本までを対象とした部分矯正であるため、奥歯の矯正はできません。

マウスピースは、食事のたびに着脱する必要があります。外食時など、人目が気になる場合もあり着脱を手間と感じる方もいるでしょう。また、外したマウスピースの紛失には注意が必要です。

矯正にかかる費用

キレイラインの矯正にかかる費用の平均は約30万円です。ワイヤーを使用した他の矯正方法では100万円以上かかる場合もあり、比較的費用がかからないと言えるでしょう。

ただし、契約内容の変更や追加治療、期間延長などにより費用が当初の予定よりかかることがあります。無駄な期間延長を避けるためには、正しいマウスピースの着用や口内ケアなどにも注意が必要です。

キレイラインと他の矯正との違い

主な歯列矯正法は以下の2通りです。

  • ワイヤー矯正
  • マウスピース矯正

それぞれにメリットデメリットがあるため、キレイラインで矯正できない場合は、他の矯正方法を検討するのもよいでしょう。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、ワイヤーを使用して歯を矯正する方法です。やり方は、ブラケットと呼ばれる器具を、歯に装着し、ブラケットにワイヤーを通します。

ワイヤーの取り付け位置は、歯の表側、裏側どちらも可能です。ワイヤーの弾性力で、少しずつ歯に力をかけることで徐々に歯並びが矯正されていきます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは、マウスピースと呼ばれる治具を歯に装着する方法です。マウスピース矯正には、歯列全体を矯正する全体矯正と前歯だけの部分矯正があります。

キレイラインは、上下の前歯12本までを対象としたマウスピース矯正です。

キレイラインをはじめるならクリニックで相談を

キレイラインをはじめたい場合は、クリニックでの相談が必要です。キレイラインは、歯科医師が監修する治療プログラムをもとに、歯科技工士がマウスピースをデザインします。ドラッグストアや通販でマウスピースを購入できるわけではありません。

また、歯の状態は人それぞれであるため、キレイラインで矯正できるかは、最終的に医師の判断が必要です。診察の結果、キレイラインで矯正できない場合でも、他の方法があるため医師に相談するとよいでしょう。

まとめ

キレイラインは透明なマウスピースで目立ちにくく、比較的費用も抑えられます。キレイラインは前歯のための軽度な部分矯正です。

キレイライン以外にも、さまざまな矯正方法があります。他の記事で紹介しているので参考にしてください。

また、キレイラインの適応症例に入らなかった場合でも、当院ではベストな提案ができます。歯並びで悩んでいる方は、ぜひ当院でご相談ください。

 

当サイトイチオシの
歯列矯正をピックアップ!

ビセットライン

pr_image

PR :株式会社翔栄クリエイト

PR
3 つの特徴

歯の裏側で矯正を行うため、外見では歯列矯正をしていることに気づかれません!

予算は平均60万円程で、ワイヤー矯正にしては安く抑えることができます!

歯の状態にもよりますが、平均治療期間も10カ月で、短期間での治療が可能です!

詳しくはこちら
歯列矯正ランキング 歯列矯正ランキング