歯列矯正ナビTOP » 裏側矯正は症状によって対応不可?対応できない症例を徹底解説

裏側矯正は症状によって対応不可?対応できない症例を徹底解説

はじめに

歯科矯正で気になる見た目問題を、裏側矯正は解決してくれます。しかし、裏側矯正には対応できない症例もあります。
「自分の症例が裏側矯正に対応しているのか知りたい」
「裏側矯正をしたいのに対応できないと診断されてしまった」
そんなお悩みを抱えていないでしょうか。

本記事では、裏側矯正で対応できないケースを紹介します。
裏側矯正を「できない」と、断られてしまった場合の対処法も解説するので、裏側矯正を検討している方はぜひ参考にしてください。

裏側矯正とは?

裏側矯正とは、歯の裏側に「ブラケット」と呼ばれるワイヤーの矯正装置を装着し、歯並びをきれいにする歯科矯正方法のひとつです。舌側(ぜっそく)矯正とも呼ばれています。
裏側矯正は表側矯正と同様、矯正力の強いワイヤーを使用するため、高い効果を期待できます。最大の特徴は、矯正装置が目立たないことです。そのため、見た目を気にすることなく、歯科矯正に臨めます。
しかし、裏側矯正は全ての症例に対応しているわけではありません。まずは、自分の症例が治療範囲内なのかを知っておきましょう。

裏側矯正ができない症例

裏側矯正ができない症例は以下の4つです。

表側矯正もできないほど歯並びが乱れている

歯並びが大きく乱れている場合は、裏側矯正では対応できません。裏側矯正で対応できない場合、表側矯正でも対応できないケースがほとんどです。
歯科矯正ができないほど歯並びが乱れている原因は、顎の骨が関係していることが多いといわれています。この場合、外科矯正での対応となります。
しかし、自分で判断するのは難しいため、まずは歯科医師に相談しましょう。

極度の過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)とは、上下の前歯の噛み合わせが深い状態のことです。重度の場合、奥歯で噛み合わせたときに、前歯の下の歯が見えなくなります。
上下の歯を噛み合わせるたびに、歯の裏側に装着している矯正装置がぶつかり合ったり、外れてしまったりするため対応できません。
しかし、経験豊富な歯科医師であれば、解決方法を提案してくれる可能性もあります。

舌のサイズが大きい

舌が極端に大きい場合も、裏側矯正に対応できません。舌が大きいと、治療の妨げになってしまうためです。
しかし、裏側矯正をするにあたって、舌のサイズに明確な基準はありません。舌が大きいにもかかわらず裏側矯正をしてしまうと、食事や会話の際に舌を噛んだり傷つけたりするリスクが伴います。
そのため、舌が大きい場合は、表側矯正が適しているでしょう。

歯科医院が裏側矯正に対応していない

歯並びや顎の形状、舌のサイズに関係なく、歯科医院が裏側矯正に対応していない可能性もあります。
歯は、表と裏で形状が異なるため、裏側矯正は高度な技術と知識が必要です。裏側矯正の難易度は高く、豊富な経験を持っていないと施術ができません。そのため、裏側矯正は歯科医師なら誰でもできる矯正方法ではないのです。
かかりつけの歯科医院が裏側矯正に対応しているか、あらかじめ確認しておきましょう。

裏側矯正のメリット

裏側矯正には、以下の4つのメリットがあります。

矯正器具が目立たない

裏側矯正は、矯正装置を舌側に装着するため矯正装置が目立ちません。周りの目を気にせず思いきり笑いたい方や、食事の際にストレスを感じたくない方などにおすすめです。
矯正装置が目立たないことは、裏側矯正の最大のメリットといえるでしょう。

虫歯のリスクが減る

裏側矯正は、表側矯正と比べると虫歯になるリスクが軽減されます。歯の裏側は唾液で満たされており、洗浄効果や殺菌作用が働くためです。
しかし、歯の裏側は矯正の有無に関わらず、磨きにくい場所です。丁寧に磨くことを心がけていても、自力では限界があるので定期的にクリーニングしてもらうことをおすすめします。

舌癖の予防になる

裏側矯正をすることで、舌癖(ぜつへき)の予防にもなります。
舌癖とは、舌で歯の裏側を押したり、歯と歯の間から舌を出したりするなど、無意識でしてしまう「舌の癖」です。舌癖があると、歯並びや滑舌に大きく影響します。
何らかの舌癖がある場合、裏側矯正をしていると舌に矯正装置が当たり、違和感や痛みを覚える場合があります。すると、舌癖をやめようとする意識が自然に働くのです。
矯正装置に慣れないうちは、口内を傷つけてしまうリスクも伴いますが、裏側矯正をすることで舌癖の改善が望めます。

食事をストレスなく楽しめる

矯正装置を装着していると、注意していても食べ物が矯正装置に挟まります。そのため、食事に集中できなかったり、楽しめなかったりする方も多いのではないでしょうか。
裏側矯正の場合、表からは矯正措置が見えないため、ストレスなく食事を楽しめます

裏側矯正のデメリット

一方で、裏側矯正にはデメリットもあります。裏側矯正のデメリットは以下の4つです。

費用が高い

歯科矯正が高額な理由は、保険適用外の自由診療のためです。そして、歯科矯正のなかでも、裏側矯正は費用が高くなります。費用が高くなる理由は以下の通りです。

  • 医師の専門性の高い知識と技術を要する
  • 矯正装置がオーダーメイド
  • 治療にかかる時間が長い

これらの理由から、裏側矯正は高額になります。歯科医によっては、クレジットカードでの分割払いができたり、デンタルローンが組めたりする場合もあるので、まずは相談してみましょう。

矯正装置に違和感を覚える場合がある

矯正装置に慣れるまでは、違和感を覚える可能性があります。個人差はありますが、ほとんどの方が1~2週間で慣れます。
舌癖がある場合、口腔内を傷つけてしまう場合があるので注意しましょう。

発音がしにくい場合がある

矯正装置が邪魔をして、発音がしにくくなる場合があります。矯正装置に違和感を覚えるのと同様、1~2週間で慣れる方がほとんどです。
仕事などで、人前で話す機会が多い方は注意が必要です。

口腔内のケアが難しい

裏側矯正をすると、口腔内のケアが難しくなります。磨きにくい歯の裏側に矯正装置を装着することで、歯磨きの難易度が高くなるからです。
口内トラブルを避けるためにも、より丁寧なケアを心がけなければいけません。歯科医で、歯の磨き方をレクチャーしてもらうのもひとつの手です。

「裏側矯正ができない」と歯科医に言われたら?

もし、「裏側矯正ができない」という診断を受けたら、セカンドオピニオンの利用を検討してみましょう。
裏側矯正ができない明確な基準はありません。しかし、歯科医師によって得意とする技術が異なることも事実です。裏側矯正を得意とする医師もいれば、表側矯正が得意な医師もいるということです。

高額な歯科矯正に失敗しないためにも、患者側も歯科医を見極めることが大切です。豊富な経験と、高い技術を持っている歯科医を見極めるためには、まずは情報収集しましょう。実績を公開している歯科医も少なくありません。インターネットから、実際に施術を受けた患者の口コミや評判も参考にしてみてください。

まとめ

裏側矯正は、症状によって対応できない場合と、歯科医によって対応できない場合のふたつの理由が考えられます。まずは、自分の症状を知り、信頼できる歯科医を見つけることが大切です。
そして、裏側矯正をできないと診断された場合は、セカンドオピニオンの利用も検討してみましょう。可能性はゼロではないためです。
歯科矯正でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

当サイトイチオシの
歯列矯正をピックアップ!

ビセットライン

pr_image

PR :株式会社翔栄クリエイト

PR
3 つの特徴

歯の裏側で矯正を行うため、外見では歯列矯正をしていることに気づかれません!

予算は平均60万円程で、ワイヤー矯正にしては安く抑えることができます!

歯の状態にもよりますが、平均治療期間も10カ月で、短期間での治療が可能です!

詳しくはこちら
歯列矯正ランキング 歯列矯正ランキング