歯列矯正ナビTOP » 裏側矯正のモニターで矯正治療!費用と治療内容について徹底解説

裏側矯正のモニターで矯正治療!費用と治療内容について徹底解説

裏側矯正をモニターで行うことで、見た目を気にせずに手ごろな価格で歯並びを整えることが可能です。歯科矯正は通常、高額かつ長期間にわたる治療が必要ですが、裏側矯正のモニターを活用することで、費用を抑えて治療が完了します。これにより、美しい歯並びを手軽に実現できるでしょう。
しかし、裏側矯正やモニター治療を行う際に、気を付けるポイントもいくつか存在します。そこで今回は、裏側矯正とモニター治療について詳しく解説します。

裏側矯正とは?

裏側矯正は、歯の裏側に矯正器具を取り付け、ブラケットとワイヤーを使用して歯を矯正する治療法です。通常の表側矯正と同じように、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着していく仕組みです。これにより、歯に力がかかり、歯を徐々に移動させていきます。そして外部から器具がほとんど見えないため、美容の観点から特に若い方や女性に好まれている治療方法です。裏側矯正は、見た目の変化が少なく、同時に効果的な歯の矯正が期待できる治療法と言えるでしょう。

裏側矯正のメリット

裏側矯正をするメリットは多数あります。

  • 装置が目立ちにく
  • 歯の動くスピードが速い
  • 歯のエナメルが傷つきにくい

ここでは、裏側矯正のメリットについて詳しく解説します。

装置が目立ちにくい

裏側矯正のメリットの一つは、矯正装置が目立ちにくい点です。この治療法では、歯の裏側に矯正器具を装着するため、他人にほとんど気づかれません。特に矯正器具を目立たせたくない方々にとっては、おすすめの治療方法です。また職業上の理由など、外見への配慮が求められる場合において、裏側矯正は有効な手段と言えます。裏側矯正は、外見に気を配りながらも、同時に効果的な歯列矯正を実現できます。

歯の動くスピードが早い

裏側矯正は、表面の矯正に比べて歯が効率的に後ろに引き込まれ、その結果歯の動きが速いというメリットがあります。歯の裏側に矯正装置を使用することで、奥歯が前歯に引っ張られるリスクを大幅に減少させ、目立ちやすい前歯を早く整えることが可能です。裏側矯正を始めると、多くの方が最初の数ヶ月で前歯部分が早く整ってくるのが、裏側矯正の大きな特長です。

歯のエナメルが傷つきにくい

裏側矯正では、歯のエナメルが傷つきにくいメリットがあります。通常、矯正器具を取り外す際には歯表面のエナメル質が損傷する可能性があります。しかし、歯のエナメル質が表面よりも裏側の方が厚いため、取り外しや調整による歯のエナメルへのダメージを最小限に抑えることが可能です。これにより、歯科矯正による歯のエナメルが傷つきにくくでき、矯正治療中も歯の健康を維持しやすくなります。

裏側矯正のデメリット

裏側矯正にはメリットがある反面、デメリットも少なからずあります。

  • 費用が高い
  • 不快感や喋りにくさがでやすい
  • 矯正装置が外れやすく壊れやすい

ここでは、裏側矯正のデメリットについても紹介します。

費用が高い

裏側矯正のデメリットの一つは、費用が高いことです。裏側矯正では、高度な技術が必要になるため、表側矯正に比べて費用が約1.5倍かかることが一般的です。地域や医師の経験によって異なりますが、治療中には追加で調整費や通院費、保定装置代などがかかることも考慮しなければなりません。費用の問題が治療を途中で断念させることを避けるためにも、無理のない範囲で矯正方法を選択することが大切です。

不快感や喋りにくさがでやすい

裏側矯正を始めると、初めの頃は舌に装置が触れるため、不快感や喋りにくさを感じることがあります。また、歯の裏側に装置が存在するため、発音にも影響が出ることがあります。特に舌を歯の裏側に当てて発音することが難しく、一時的に喋りにくさを経験する可能性があるでしょう。これらの違和感や喋りにくさの問題は、時間が経つにつれて慣れてくることもありますが、治療を始めたばかりの段階では不快感が強く感じられるかもしれません。特に営業職や大切な用事がある場合は、歯科医師と相談して他の矯正方法を検討することがおすすめです。

矯正装置が外れやすく壊れやすい

裏側矯正では、装置が外れやすく壊れやすいデメリットがあります。歯の裏側は表面に比べて面積が少ないため、接着面も限られています。これが原因で、矯正装置が容易に外れる可能性が高まるでしょう。また、矯正装置同士の距離が短いため、強い力がかかると装置が外れやすくなります。人の噛む力は相当なものであり、食事中などで力がかかる場面では、簡単に矯正装置が外れてしまう可能性があるため注意が必要です。これらの要因を考慮して、裏側矯正を検討する際には慎重なケアと歯科医師による定期的な診察が重要です。

モニター治療について

歯科矯正のモニター治療は、通常より手頃な価格で治療を受けられます。クリニックがモニターを募集する主な目的は、症例写真の収集やアンケート収集、口コミ投稿などです。治療開始から終了までの写真を提供してもらうことで、クリニックが宣伝などに活用します。また、治療後の感想や体験談を得ることで、患者の満足度や治療の効果を確認し、技術向上などに活用する場合もあります。
他にも口コミ投稿をしてもらうことで、宣伝効果を得られるからです。これらの協力により、モニター患者は通常よりもお得な価格で治療を受けられる一方で、クリニックは宣伝や情報収集を行っています。

通常の裏側矯正とモニターとの比較

ここでは、通常の裏側矯正とモニターの違いについて解説します。

  • 通常の裏側矯正
  • モニターの裏側矯正

通常の裏側矯正

通常の裏側矯正は、治療費が110~180万円が相場となります。裏側矯正は表側に比べて治療が難しく、高度な専門性が求められるため、その分高額な治療費がかかります。治療の際には歯の裏側に装置を取り付けることで目立たないというメリットがありますが、その一方で、装置の取り付けや調整には高度な技術が必要です。クリニックによって異なりますが、通常の裏側矯正では希望する治療方法で受けられます。さらに、個人情報などの提供が必要ないため、プライバシーを守りつつ、希望する治療を受けられるでしょう。

モニターの裏側矯正

モニターの裏側矯正では、通常に比べて大幅に安く治療を受けることが可能です。モニターの条件は、クリニックにより異なり、受けられる矯正方法やモニター価格もクリニックごとに異なります。中には、クリニックが指定する矯正方法のみで募集している場合もあるため、事前に希望する治療方法でモニター治療を行えるか確認が必要です。またモニターの裏側矯正に応募しても、最終的な採用判断はクリニックのドクターによって行われます。そのため検査の結果、治療が難しいと判断されると、モニター採用が難しい場合があります。

モニターで矯正治療をする際の注意ポイント

モニターを利用して、歯を矯正する場合、いくつか注意すべきポイントがあります。

  • 矯正中のトラブル対応の確認
  • 希望に合う治療の設備が整っているか

ここでは、注意するポイントについて2つ解説します。

矯正中のトラブル対応の確認

モニターで矯正治療を受ける際は、矯正中に生じるトラブルへの対応を確認しましょう。治療中には装置の一部が外れたり、慣れるまでトラブルが発生することがあります。そのため、迅速に対応できる歯科医師や歯科衛生士がいるクリニックを選ぶことが重要です。特に、担当医が常勤であるとさらに安心ですが、歯科衛生士やスタッフにも矯正の知識があり、トラブルに迅速かつ適切に対処できることが望ましいでしょう。

希望に合う治療の設備が整っているか

治療を希望する際には、クリニックが希望に合った治療の設備を整えているかを事前に確認することが重要です。歯の並びやかみ合わせによって最適な矯正装置が異なるため、患者一人ひとりに合った治療を提案できる歯科医師が理想的です。モニターで矯正治療を検討する場合には、クリニックが患者の要望や異なる矯正装置の特徴を考慮し、適切な方法を提案できるかどうかが重要です。希望に合った治療の設備が整ったクリニックを選ぶことで、効果的で満足度が高い矯正治療を受けることが可能となります。

まとめ

裏側矯正のモニター治療では、見た目を気にせず手頃な価格で歯並びを整えることが可能です。ただし、モニター治療ではトラブル時の対応や希望の治療が可能かどうかを確認することが重要です。また裏側矯正には、メリットとデメリットがあり、これらを理解して信頼できる治療先を選ぶようにしましょう。裏側矯正を安価で行いたい方は、本サイトがご案内する提携歯科のモニター治療をご利用ください。

 

当サイトイチオシの
歯列矯正をピックアップ!

ビセットライン

pr_image

PR :株式会社翔栄クリエイト

PR
3 つの特徴

歯の裏側で矯正を行うため、外見では歯列矯正をしていることに気づかれません!

予算は平均60万円程で、ワイヤー矯正にしては安く抑えることができます!

歯の状態にもよりますが、平均治療期間も10カ月で、短期間での治療が可能です!

詳しくはこちら
歯列矯正ランキング 歯列矯正ランキング