歯列矯正ナビTOP » 舌側矯正中の歯磨きを解説|外出時のケアや磨き方のポイントも紹介

舌側矯正中の歯磨きを解説|外出時のケアや磨き方のポイントも紹介

はじめに

「舌側矯正している時の口内ケアはどのようにしたらよいのか」
「舌側矯正は目立たないのか」

舌側矯正に興味があるものの、自分に向いているのか不安な方がいらっしゃるかと思います。矯正中は、矯正期間を長引かせないためにも適切な口内ケアが必要です。

当記事では、舌側矯正で歯を磨かないと起こるリスクや矯正中の歯の磨き方、外出中のケアのしかたなどを解説しています。舌側矯正の歯磨きに関する疑問をお持ちの方は、ぜひご覧ください。

舌側矯正で歯を磨かないと起こるリスク

舌側矯正中に歯を磨かないと、虫歯や歯周病になるリスクがあります。矯正中は、取り付けた矯正装置により口内の汚れが残りやすいためです。矯正装置がついていると、とくに歯と歯の間や歯と歯茎の間などが磨きにくくなります。

このため、普段の磨き方では汚れが取りきれないかもしれません。矯正中に虫歯や歯周病を防ぐためには、いつも以上に歯磨きに注意が必要です。

虫歯になると、矯正期間が長引くことがあります。虫歯の治療のために、一度矯正装置を外す必要があるためです。虫歯の治療には、別途費用がかかるなど費用面でのリスクもあります。

矯正中に起こる上記のリスクは、毎日正しいケアをすることで予防可能です。

舌側矯正中の歯の磨き方

舌側矯正中の歯の磨き方について以下を解説します。

  • きれいにするためのポイント
  • 磨き方のコツ
  • 外出中などで歯磨きできないとき
  • 矯正中のおすすめ歯ブラシ・アイテム

きれいにするためのポイント

きれいにするためのポイントは以下の通りです。

  • 1日3回は歯磨きする
  • 矯正に適した歯ブラシを使う
  • なるべく手鏡などを活用し、汚れがないことを確認する
  • 寝る前はとくに念入りに磨く

歯磨きの頻度は、食べたらすぐに磨くことが基本です。このため1日3回程度となるでしょう。歯ブラシは専用でなくてもかまいませんが、ブラシが小さいものを使うことでしっかり汚れを落とせます。

舌側矯正は、歯の裏にワイヤーなどの矯正装置がつくため、汚れが落ちているかわかりづらいです。手鏡などが用意できれば確認できます。

寝ている間は、唾液の分泌が減るため虫歯や歯周病になりやすい状況です。そのため、寝る前にはとくに念入りに歯磨きをしましょう。

毎回しっかり汚れを落とすことで、矯正装置への汚れの蓄積を防げます。

磨き方のコツ

磨き方のコツは以下の通りです。

  • 歯ブラシは鉛筆を持つように軽く持つ
  • 力を入れすぎないように注意
  • 小刻みに動かす
  • 歯ブラシの当てる角度は最初はまっすぐ、次に45度
  • 順番を決めて1本ずつ磨いていく
  • 歯磨き粉は少なめに

矯正中の歯磨きは、ブラケットやワイヤーで磨きづらい箇所にもしっかりブラッシングすることが大切です。

まず、ブラケットやワイヤーに対しまっすぐ歯ブラシを当てブラッシングします。次に、歯ブラシを45度に傾け、ブラケットと歯の接点やワイヤー下の歯面をブラッシングしましょう。

歯ブラシはぎゅっと握らず鉛筆を持つように軽く持つことで、力を入れすぎず適切な角度で磨けます。歯ブラシを小刻みに動かし1本ずつ磨くことが大切です。

歯磨き粉の泡立ちが多いと、汚れが落ちているかがわかりません。歯磨き粉の使用は少量にするか、泡立ちの少ない歯磨き粉を使いましょう。

外出中などで歯磨きできないとき

外出時でも歯ブラシを持ち歩き、食べた後は歯磨きすることが理想です。しかし、どうしても歯磨きができない場合は、うがいをしてなるべく汚れを残さないようにしましょう。マウスウォッシュを併用すると、より効果的です。

コンパクトに持ち歩ける歯間ブラシを使用すれば、歯の間やワイヤー裏側の汚れを落とせます。

最後にキシリトール100%のタブレットを口中でゆっくり溶かすことも効果的です。キシリトールタブレットは、唾液の分泌や歯の再石灰化を促すなど虫歯予防の効果があります。砂糖が入っていないタブレットを選びましょう。

矯正中のおすすめ歯ブラシ・アイテム

矯正期間中には、毛先が細く柔らかい歯ブラシを使用します。ブラシは小さめな方が、1本ずつ細かく磨けるためおすすめです。

便利なアイテムとしてワンタフトブラシがあります。ワンタフトブラシは、鉛筆のように毛先が一つにまとまったブラシです。ブラシがコンパクトなため、通常の歯ブラシでは磨きづらい箇所も簡単に磨けます。

歯間ブラシやデンタルフロスなどのアイテムもおすすめです。歯間ブラシやデンタルフロスは、歯間だけでなくワイヤーと歯の間なども掃除できます。

矯正中に歯磨き以外で気をつけること

矯正中に歯磨き以外で気をつけることは以下の通りです。

  • 食べものに気をつける
  • 定期的に診察を受ける
  • 矯正装置の装着時間・期間を守る

食べ物に気をつける

矯正中は、食べ物に注意しましょう。例えば、せんべいやりんごなどの硬い食べ物は、矯正装置に当たると破損や外れの原因となります。また、ガムやキャラメル、餅などはり付く食べ物も、矯正装置が外れる原因となるため避けた方がよいでしょう。

ニラやネギなどの繊維質、うどんやパスタなどの麺類は歯や矯正装置に引っかかり、残りやすい食材です。そのため、なるべく控えるか食べたらしっかり歯磨きをする必要があります。

自宅での調理であれば細かく刻んだり、すりおろしたりすることで食べやすくすることも可能です。

定期的に診察を受ける

矯正期間中は、定期的に医師の診断を受けることが大切です。毎日しっかり歯磨きをしているつもりでも、磨き残しがあるかもしれません。診察を受けることで、状況に合わせた磨き方の指導やクリーニングを受けられます。

定期的に診察を受けることで、虫歯や歯周病を早期に発見できるかもしれません。仮に、虫歯や歯周病が見つかっても早めの発見であれば、対処は最小限に抑えられるでしょう。

診察では矯正装置の破損がないか、矯正の進行状況なども確認します。定期的な診察にはさまざまなメリットがあり、計画通りに矯正を進めるうえで重要です。

装着時間・期間を守る

マウスピース併用型の矯正では、医師の指示通りに装着時間や装着期間を守ることが大切です。歯の移動が完了した後、位置を定着させる保定期間においても指示通り装着していないと元に戻ってしまうことがあります。

舌側矯正ってそもそもどんな治療?

舌側矯正の治療について以下を解説します。

  • 舌側矯正とは
  • 舌側矯正のメリット
  • 舌側矯正のデメリット
  • 舌側矯正にかかる費用

舌側矯正とは

舌側矯正とは、歯の内側にワイヤーを設置する方法です。歯の外側にワイヤーを装着する方法は表側矯正と呼ばれます。

舌側矯正には、上の歯と下の歯共に歯の内側にワイヤーを装着する方法と、上の歯が内側、下の歯は表側に装着する方法があります。下の歯だけ表側に装着する方法では、費用を抑えられることがメリットです。

舌側矯正のメリット

舌側矯正の最大のメリットは装着した矯正装置が目立たないことです。そのため、舌側矯正は接客業など人と会う機会の多い方に好まれます。

歯列矯正には数年の期間がかかり、なかには矯正中に結婚式など重要なイベントを控えている方がいるかもしれません。そのような場面においても舌側矯正であれば安心です。

舌側矯正は、ブラケットが内側にあるため口を閉じやすく、歯の裏側は唾液が十分に行き渡ることで口内の乾燥を防げます。そのため虫歯や歯周病になりにくいこともメリットです。

また、ブラケットが歯の内側にあることで、万が一顔に物などか当たった際でもブラケットで口内を傷つけることもありません。

舌側矯正のデメリット

舌側矯正のデメリットは以下の通りです。

  • 滑舌に影響する場合がある
  • 外側と比較して高額になりがち
  • 歯磨きがしにくい

舌側矯正は、ワイヤーやブラケットが歯の裏側にあるため、舌が当たってしまい滑舌に影響する場合があります。また、歯磨きがしづらいこともデメリットです。

しかし、滑舌への影響や歯磨きのしづらさは装着に慣れていくことで徐々に改善されることが多いようです。

また、舌側矯正はブラケット製作に手間がかかるため、表側矯正よりも費用がかさむ傾向にあります。

舌側矯正にかかる費用

舌側矯正にかかる費用は、平均でおよそ130万円前後となり、矯正方法別の費用は以下の通りです。

矯正方法 費用
歯の上下共に裏側矯正した場合 110万円〜170万円程度
上側の歯のみ舌側で下側の歯は表側の場合 80万円〜130万円程度
部分矯正 60万円前後

 

舌側矯正の中でも、矯正方法により費用に大きな開きがあります。また歯列の状態によって、可能な施術方法や費用は変わります。そのため、具体的な費用を知るためにはクリニックで相談するのがよいでしょう。

まとめ

舌側矯正では矯正中の歯の磨き方を学び、正しく歯磨きをすることが大切です。さらに歯間ブラシなどのアイテムを活用できればより効果的でしょう。また、余計な期間や費用をかけないために定期的な診察を受けることも重要です。

舌側矯正は、矯正装置を歯の裏側につけます。そのため矯正装置が目立ちにくく、矯正中であることがわかりにくいため、接客業などにおすすめです。他にも歯列矯正にはさまざまな方法があり、それぞれメリットやデメリットがあります。

当サイトでは他にも歯列矯正について解説しているのでぜひ参考にしてください。

 

当サイトイチオシの
歯列矯正をピックアップ!

ビセットライン

pr_image

PR :株式会社翔栄クリエイト

PR
3 つの特徴

歯の裏側で矯正を行うため、外見では歯列矯正をしていることに気づかれません!

予算は平均60万円程で、ワイヤー矯正にしては安く抑えることができます!

歯の状態にもよりますが、平均治療期間も10カ月で、短期間での治療が可能です!

詳しくはこちら
歯列矯正ランキング 歯列矯正ランキング