歯列矯正ナビTOP » キレイライン矯正は最悪なの?悪い口コミや評判を大調査

キレイライン矯正は最悪なの?悪い口コミや評判を大調査

はじめに

キレイラインで矯正してみたいけど「最悪」という評判もあるので、不安に感じている人に向けて、キレイラインの特徴や口コミからわかるメリット、デメリットを詳しく解説します。 記事を読めば、キレイラインが自分に合っているかわかり、治療をスムーズに開始できます。

目次

キレイラインとは

キレイライン矯正は、マウスピース矯正の1つです。2017年4月1日に株式会社ARETECO HOLDINGSがサービスを開始しており、2022年3月に総患者数が10万人を突破しています。キレイラインの概要は以下の通りです。


提携クリニック数:全国152院(2023年7月現在)
料金:基本料金初回22,000円、2回目以降55,000円、
目安の費用:231,000円~41,8000円、月々3,000円~分割払い可能
対応している歯並び:八重歯など歯がガタガタに並んでいる状態(叢生)、出っ歯(上顎前突)、受け口、すきっ歯(空隙歯列弓)、前歯が閉じない(開咬)、噛み合わせが深い(過蓋咬合)、中心線のずれ
矯正期間:約5ヶ月~1年3ヶ月程度
お試し:22,000円で治療1回分のマウスピース、マウスピースケース、ホワイトニング剤1本、洗浄剤や口内炎パッチ、痛み止めなど。

本格的な治療前に1回のお試しが可能なので、治療を続けられるか不安な方は一度試してみるとよいでしょう。

キレイライン矯正の6つの特徴

次に、キレイライン矯正の特徴を6つ紹介します。

全患者へのアンケートを治療に活かしている

全患者へのアンケートを実施し、結果をもとに提携クリニックに指導・改善施策をしています。10〜40代のキレイライン矯正の治療経験者男女631名を対象とする意識調査を2022年2月に実施し、約9割が治療体験全体に「非常に満足」「満足」と回答。12.8%が「不満がある」「非常に不満がある」という結果が出ています。 アンケートを実施して、指導や改善をしているため、安心して治療を受けられるでしょう。

デジタル技術で歯の移動量が最大になる治療計画を立てる

膨大な歯列データとデジタル技術を活用し、距離0.05mm単位・角度0.5度単位で歯の移動量を「最大」かつ「細かく」調整できるため、高品質な治療計画を立てられます。「最大」とは、健康を害さない範囲、かつ痛みを考慮した範囲内においてキレイライン矯正基準での最大のことです。
デジタル技術で細かいシミュレーションをして、治療をしてくれるため理想の歯並びに近づける可能性が高いでしょう。

実績豊富な歯科医師が多数在籍している

キレイライン矯正を実施している実績豊富な歯科医師との提携をしています。2023年7月現在、矯正の患者数は10万人以上に上ります(2017年4月~2022年3月)。
実績豊富な医師であれば、安心して治療を受けられます。

歯科技工士がマウスピースをデザインしている

キレイライン矯正のマウスピースのデザインは、国家資格を持つ歯科技工士だけが、歯科医師の指示のもとに行っています。
歯へのリスクを配慮しながら、歯の1本1本に適切な力をかけられるよう調整をし、高品質なマウスピースを制作しています。
自分に合ったマウスピースを作成してくれるため、理想の治療効果を得られる可能性が高いでしょう。

歯を動かし易い素材を利用している

マウスピースの素材には、歯を動かし易い素材を使用しています。
また、他の9社のマウスピースの中で、1番強度が強く、ひび割れしにくいという結果が出ています。キレイラインのマウスピースのメリットは以下の通りです。

・弾力性に優れている
・装着時の痛みを感じにくい
・数日経っても、歯を動かす力を維持しやすい

痛みを感じにくいため、痛みに弱い人でも治療しやすい可能性があります。

サポート体制が充実している

治療前や治療中に疑問・不安・トラブルがあった場合には専門のサポートチームに相談できます。
治療前の質問だけではなく、治療を始めた後の提携クリニックの対応や疑問などがあればLINEで気軽に聞けます。
初めての矯正に対して不安がある方も、スムーズに治療を始められるでしょう。

口コミからわかるキレイラインの6つのメリット

口コミからわかるキレイラインのメリットを6つ紹介します。

人に知られにくい

透明なマウスピース矯正なので、目立ちにくく、治療していることを人に知られにくいでしょう。
ワイヤー矯正は表側にワイヤーを装着するため、人に矯正していることが分かりますが、マウスピース矯正は透明で人にわかりにくいというメリットがあります。
人前で話をすることが多い人や接客業をしている人にキレイラインはおすすめです。

低料金である

キレイラインは、その他のマウスピース矯正よりも低料金で治療可能です。
マウスピースの相場は、60~100万円ですが、キレイラインは基本料金初回22,000円・2回目以降55,000円・総額231,000円~41,8000円です。
また、月々3,000円~分割払いもできるため、月々の負担も軽減できるでしょう。
矯正にかかる料金を少しでも抑えたい人におすすめです。

矯正期間が短い

キレイラインは、他のマウスピース矯正よりも期間が短くなっています。
軽度の症例や部分矯正を対象にしているため、最短5ヶ月で終了します。
歯並びがキレイラインの適応になっていて、短期間で治療を終了させたい人におすすめです。

初回のお試しができる

キレイラインは、初回のお試しが22,000円(税込)で可能です。
お試しの内容は、治療1回分のマウスピース、マウスピースケース、ホワイトニング拡大床の併用剤1本、洗浄剤や口内炎パッチ、痛み止めなどがついています。
お試しができるため、治療を継続できるかどうか不安に思っている方におすすめです。

抜歯しない矯正ができる

キレイラインでは、なるべく歯を抜歯しないで治療しています。キレイラインで抜歯をしない理由は以下の通りです。

・抜歯することで治療計画の変更リスクを避けたい
・健康な歯をなるべく残しておきたい

抜歯をしないかわりに、拡大床の併用やIPR(歯の側面を削る治療)します。
拡大床とは、上顎や下顎の歯を外側(頬側)に移動させて、スペースを作るための装置です。
IPRは、健康上支障がない範囲(0.5mm以内)で行い、歯と歯が隣り合って接している側面を削って、スペースを作ります。 抜歯をしたくない方におすすめです。

ホワイトニングも同時にできる

キレイライン矯正ではホワイトニングも同時にできます。矯正の装置をマウストレーとして利用でき、矯正料金にホワイトニング剤1本以上が含まれています。
ホワイトニングに興味のある方におすすめです。

口コミからわかるキレイラインの3つのデメリット

口コミからわかるキレイラインのデメリットを3つ紹介します。

適応にならない場合がある

キレイラインで矯正をしたいと思っても適応にならない場合があります。
適応症例は、軽度~中等度の症例であり、原則前歯上下12本が適応です。
奥歯の移動や抜歯が必要な矯正にも向いていません。
初回検診料無料で行っているクリニックもあるため、自分の歯並びが適応になるかどうか相談してみましょう。

装着開始時に痛みがある

キレイライン矯正は、マウスピース装着時に痛みが出てくることがあります。
ワイヤー矯正よりもマウスピース矯正は痛みが少なく、キレイラインでは弾力性のあるマウスピースで痛みが少ないと言われていますが、どうしても装着時に痛みが出る可能性があります。
痛みについて不安がある方は、お試しをして痛みが我慢できるものかどうか判断するとよいでしょう。

1日20時間以上装着する必要がある

マウスピースを1日20時間以上装着する必要があります。
食事や、歯磨き以外には装着する必要があるため、マウスピースを装着する習慣が身につくまでは負担に感じる方もいるでしょう。
装着時間が足りないと、計画通りの結果が得られない可能性が高いため、装着時間をきちんと守る必要があります。

まとめ

キレイラインは他のマウスピースよりもリーズナブルなマウスピース矯正ですが、軽度~中等度の症例が対象のため適応にならない場合もあります。

当サイトイチオシの
歯列矯正をピックアップ!

ビセットライン

pr_image

PR :株式会社翔栄クリエイト

PR
3 つの特徴

歯の裏側で矯正を行うため、外見では歯列矯正をしていることに気づかれません!

予算は平均60万円程で、ワイヤー矯正にしては安く抑えることができます!

歯の状態にもよりますが、平均治療期間も10カ月で、短期間での治療が可能です!

詳しくはこちら
歯列矯正ランキング 歯列矯正ランキング